今日はご近所の中華屋君でサパー

数日前文、身上にチラシが入っていました。わーい!近所にある中華レストランの援助チラシだ。

幼いお会社なのだけれど、人手も炊事お客様くんらも中国の各所。ぶっきらぼうな対処ですが、おテーストの顧客はバッチリです。100関連ぐらいいるコースの中で15~20関連くらいのお炊事が半額になるのですが、食べ物手法や麺類、主菜、副菜バランスよくおバリューになっています。お会社の方には申しわけないのですが、常にクラスに数回ある援助タームの時しかお邪魔していません。引き取り手は大食い選手権出てもおかしくない一員ばっかりなので許してください。それでは揚げ物って麻婆豆腐、チャーハンという天津飯、そしたら手羽先の炒め代物!おいしいもしもし~!やっぱ来てよかったねえ、大幸福ですわ という第二ラウンドで中華炊事のセオリー、酢豚を発注しました。あ、後揚げ物もう一つといった・・・順調に発注を済ませて沢山食べていらっしゃるところに酢豚出演!酢豚外部で取るの久し振りだからお皿が置かれるなり欲張って取り分けていきなり口に放り込みました。・・・容易い!甘すぎる!びっくりするくらい生易しい!どうした酢豚!私の舌が楽しいのかと思ったけど、お客の品評は 甘い・・でした。今まで外れた箇所なかったのけどなあ。それでも、何年か前にもオープンして間もないのに著しく評判の良かった洋食屋くんでLunchしたタイミング、パスタが恐ろしいほど塩辛かったこともあったからなあ。ゆるーい私の舌は外部で食べるランチタイムに殆どクレームなど言うことはないのだけれど、こんなこともあるんですね。それでも、そんなところもやつ臭さがあっていいんじゃないかなあと思える残余を保ちたいですね。次回はさぞ美味い筈! 楽しみにしてますね。iPhone6Sを乗り換えるときは下取りに出すべき